フォーラム >> 案内  >> 20th フォーラム
<gid.jp フォーラム 22nd 2012 in 沖縄> 性同一性障害医療と現状

主催 : 一般社団法人 gid.jp 日本性同一性障害と共に生きる人々の会
後援 : 沖縄県医師会 那覇市医師会 琉球放送 琉球朝日放送 琉球新報社 沖縄タイムス社

ご好評をいただいた昨年に引き続き、本年も沖縄県那覇市でフォーラムを開催いたします。

今回は2部に分け、第1部では、性同一性障害医療の草分け的存在であり、最先端の研究および医療を提供している岡山大学から著名なお二人の先生をお招きして、最新の性同一性障害医療について解説いただきます。
術式の詳しい内容など医学的に深い内容もご説明させて頂く予定になっておりますので、ぜひ県内の医療関係の皆様をはじめ、幅広い分野の方々、そして当事者にもご参加いただき、今後の治療に役立てて頂ければと思います。

第2部では、性同一性障害を題材とした映画「僕らの未来」と「震災から1年 被災地いわきからのメッセージ」を上映いたします。いずれも当事者の気持ちが良く表現されており、当事者の方を始め、教育関係の方、行政の方にもぜひご覧頂きたい作品です。

このように最先端の情報が手に入る絶好のチャンスです。どうかご参加ください。
みなさまのご参加を、お待ちしております。

日時 2012年 6月 10日(日曜日
11時〜16時 (開場 10時30分)
内容
10:30〜開場
11:00開会、諸注意

<第1部 講演会 性同一性障害の概要と医療>
11:10中塚先生講演 性同一性障害医療について
12:15難波先生講演 性別適合手術について
13:20山本先生講演 沖縄県の現状
13:40質疑応答

<第2部 映画上映 当事者の気持ち>
14:15震災から1年 被災地いわきからのメッセージ
14:35僕らの未来
16:00閉会
17:00〜懇親会
※ プログラム内容は、都合により変更になる場合がございます。
会場 沖縄県総合福祉センター ゆいホール
・沖縄県那覇市首里石嶺町4丁目373-1
・Tel: 098-882-5811 (場所の問い合わせのみ可)
http://www.center.okishakyo.or.jp/

会場までの地図
参加申込 参加される方のお名前(通称可)と、フォーラム、懇親会の参加人数をお書きになり、
meeting-okkinawaアットマークgidドットジェイピー までお申し込みください。
※ 申込みが無くても、当日空席があれば入場できます。
※ 携帯メールをご利用の方は、「gid.jp」からのメールを受取許可に設定してください。
※ Yahoo!やhotmailなどのフリーメールをご利用の方は、迷惑メールに仕分けされてしまうことがありますので、ご注意ください。
参加費 一般 1,000円
高校生以下 無料(同等年齢含む) 学生証または公的身分証明証をご提示ください。
講師略歴
中塚先生写真 中塚 幹也 (なかつか みきや)様
岡山大学大学院保健学研究科 教授
1986年 岡山大学医学部卒業
1986年 岡山大学医学部附属病院産科婦人科入局
2003年 岡山大学医学部 産科婦人科 講師
2006年 岡山大学医学部保健学科 教授
2007年 岡山大学大学院保健学研究科 教授
所属学会
GID(性同一性障害)学会 理事長
日本生殖医学会 評議員、日本産婦人科内視鏡学会 評議員
日本妊娠高血圧学会 評議員、日本生殖免疫学会 評議員・・・ 等多数

難波先生写真 難波 祐三郎 (なんば ゆうざぶろう)様
岡山大学大学院形成外科准教授
1987年 香川医科大学卒業
1987年 岡山大学整形外科入局
2001年 岡山大学医学部形成外科助手
2004年 岡山大学大学院形成外科講師
2006年 岡山大学大学院形成外科助教授
2007年 岡山大学大学院形成外科准教授
所属学会
日本マイクロサージャリー学会評議員、GID(性同一性障害)学会 理事

難波先生写真 山本 和儀(やまもと かずよし) 様
山本クリニック院長、EAP産業ストレス研究所所長
1981年 熊本大学医学部卒業
2004年 EAP産業ストレス研究所設立
2004年 山本クリニック開業
日本社会精神医学会理事、多文化間精神医学会理事(執行委員、編集委員)、
日本産業精神保健学会評議員、日本産業ストレス学会評議員、日本精神科救急学会評議員、等多数
映画紹介 「震災から1年 被災地いわきからのメッセージ」

ビデオ「震災から1年 被災地いわきからのメッセージ」

2012年/HDDV作品/カラー/18分

製作/山本 蘭
監督・撮影・編集・インタビュー/島田 暁
出演/gid.jp南東北支部のみなさん他
ナレーション/山本ひとみ

2011年の3月11日に発生した東日本大震災により、津波による甚大な被害と福島第一原子力発電所の事故により、大混乱に陥った福島県いわき市。
同市を拠点に活動を続ける「gid.jp 日本性同一性障害と共に生きる人々の会」南東北支部の人々が直面する現実を、交流会やインタビュー取材を通して記録。
GID(性同一性障害)学会第14回研究大会にて上映。

「僕らの未来」

映画「僕らの未来」

2011年/ビデオ/カラー/75分

監督・脚本・撮影・編集/飯塚花笑(いいづか・かしょう)21歳・群馬県出身
助監督/根本 翼
録音/根本 翼、野口裕紀、村上祥子、中島 唯
スクリプター/本間愛実、柳谷朋里
衣装/高森萌未、広井砂希、田中加也子  小道具/鈴木真実子、金森祥子、推名夏未
タイトルデザイン/小川竜由
音楽/佐藤那美
出演/日向 陸、佐藤憲一、小森隆之、福永りょう、犬飼麻友、柴田琢磨、佐藤哲哉、奥山力、阿部将也、佐藤建人、吉田峻太郎

私が私であることの勇気と光明
性同一性障害に苦しむ優はどう現実を生きる?その切実な悩みが心を強く揺さぶる。
ぴあフィルムフェスティバル2011 審査員特別賞受賞
バンクーバー国際映画祭出品

性同一性障害の高校生、優は女子制服を着る毎日、第二次性徴期を迎えた自分の身体を受け入れられずひとり悩んでいた。
男として生きることを許されず苦しむ優にとって救いは思いを寄せる真澄との手紙のやりとり。
ところがそれを男子クラスメイトに読まれ、その日から優は嫌がらせを執拗に受けるように。
女である自分を恨みながら優は現実と必死に向き合おうとする。ボクがボクであるためにすべきことは?

http://pff.jp/33rd/lineup_award15.html

参加対象 性同一性障害の当事者およびそのご家族、ご友人、支援者、医療関係者、行政関係者、教育関係者など、性同一性障害にご理解のある方、興味関心をお持ちの方。
※ 取材を希望される方は、必ず事前にご連絡ください。
懇親会 フォーラム終了後、会場を変えて懇親会を開催いたします。
参加費用は、別途になります(一人3000円程度)
会場は、当日ご案内いたします。懇親会だけの参加も可能ですので、お問い合わせください。
注意事項 ※ 本フォーラムは一般公開です。参加者は、各自でプライバシー保護にご注意ください。
※ 会場においては、係員の指示に従ってください。
※ 他の参加者に迷惑や不快となる言動を行われた場合、退場していただく場合がございます。
※ 許可無く、会場内での撮影や録音は、お断りいたします。
※ ご了承いただける方のみ、インタビュー等の取材をさせていただくことがございます。
チラシ ダウンロード : 22ndフォーラムの案内チラシ PDF(6.034MB)
お問合せ 一般社団法人 gid.jp 日本性同一性障害と共に生きる人々の会
TEL : 03-3492-6071 (本部)
mail : meeting-okinawaアットアークgidドットジェイピー
Copyright (c) 2003-2012 gid.jp. All Rights Reserved.