フォーラム >> 案内  >> 39thフォーラム
<gid.jp フォーラム 39th 2015 in 関西>

主催 : 一般社団法人 gid.jp 日本性同一性障害と共に生きる人々の会

フォーラムイメージ写真

今家族の形態は様々に多様化し、それに伴っていろいろな課題も生じています。
性同一性障害の当事者にとって、どのように家族を形成するのか、家族とどのような関係をつくるのか、抱える悩みは深刻です。
そこで、今回のフォーラムでは、「性同一性障害の当事者にとっての家族」をテーマに企画いたしました。

まずは、「当事者が子どもを持つ」という視点から、「ジー・アイ・ディー KAZOKUの会」の前田良様と「公益社団法人家庭養護促進協会」の和田靜様のおふたりの方にご講演をいただきます。
前田良様からは、性別の戸籍変更後、奥様との間でAIDでもうけられた子どもさんの出生届が非嫡出子とされたことに疑問を持ち裁判を開始され、2013年12月に最高裁で親子関係が認められるまでの経緯や今後の子どもさんへの告知など家族をめぐるお話をいただきます。
和田様には、本年度のGID学会で報告され、家庭養護促進協会が支援され、性同一性障害の当事者が特別養子縁組で母親として大阪家庭裁判所で認められた経過を、そのご夫妻が子どもさんと出会い、親子になっていく姿を通してお話をいただきます。
最後に、「家族との関係を保ちながら当事者として生きる」という視点から、倉嶋麻理奈が講演をおこないます。

講演終了後は、参加された方々からもさまざまなご意見をいただき、パネリストの方と共にGID当事者と家族の関係について考えていきたいと思います。
多くの皆様のご参加をお待ちしております。

日時 2014年 11月 29日(日曜日
13時〜16時30分 (開場 12時30分)
内容
12:30〜開場
13:00〜13:10開会、諸注意
13:10〜14:00講演1 前田 良さん 「僕は父親になった」
14:00〜14:10休憩
14:10〜15:00講演2 和田 靜さん
  「”愛の手運動” を通じて、親子になる 〜 家庭養護促進協会の活動について 〜」
15:00〜15:10休憩
15:10〜16:00講演3 倉嶋 麻理奈 「橋を架け直す」
16:00〜16:45パネルディスカッション・質疑応答
16:45閉会
17:30〜懇親会


※ プログラム内容は、都合により変更になる場合がございます。
会場 大阪市立淀川区民センター 第1会議室
・大阪市淀川区野中南2-1-5
・阪急十三駅下車 徒歩10分
・TEL:06-6304-9120 (場所の問い合わせのみ可))
・HP http://osakacommunity.jp/yodogawa/sisetu.html
大阪市立淀川区民センターまでの地図
定員 60名
参加費 1000円
高校生以下 無料(同等年齢含む)
学生証または公的身分証明証をご提示ください。

参加申込 申込は不要です。 直接会場にお越しください。
席は先着順となります。
講師紹介 前田 良(まえだ りょう)様
ジー・アイ・ディーKAZOKUの会 代表

和田 靜(わだ しずか)様
公益社団法人 家庭養護促進協会 大阪事務所
ソーシャルワーカー

倉嶋 麻理奈(くらしま まりな)
一般社団法人 gid.jp 日本性同一性障害と共に生きる人々の会 副代表・関西支部長
参加対象 性同一性障害の当事者の方や性別違和をお持ちの方、そのご家族、ご友人の方、支援者の方、医療機関の方、研究者の方など性同一性障害に理解・関心のある方であればどなたでもご参加いただけます。
※ 取材の方は、必ず事前にお問い合わせください。
懇親会 フォーラム終了後、会場をかえて懇親会を行います。
参加費用は、別途になります(3000円程度)。
場所は、当日ご案内いたします。
懇親会だけの参加も可能ですので、お問い合わせください。
注意事項 ※ 本フォーラムは一般公開です。参加者は、各自でプライバシー保護にご注意ください。
※ 会場においては、係員の指示に従ってください。
※ 他の参加者に迷惑や不快となる言動を行われた場合、退場していただく場合がございます。
※ 許可無く、会場内での撮影や録音は、お断りいたします。
※ ご了承いただける方のみ、インタビュー等の取材をさせていただくことがございます 。
チラシ ダウンロード : 39thフォーラムの案内チラシ PDF(1.2MB)
お問合せ 一般社団法人 gid.jp 日本性同一性障害と共に生きる人々の会
TEL : 03-6722-6622 (本部)
mail : meeting-kansaiアットマークgidドットジェイピー
Copyright (c) 2003-2015 gid.jp. All Rights Reserved.