フォーラム >> 案内  >> 6th フォーラム

<gid.jp 公開フォーラム2004 6th>
講師 埼玉医科大学副学長 山内俊雄さん
(日本精神神経学会 理事長 )

主催 : gid.jp 性同一性障害をかかえる人々が、普通にくらせる社会をめざす会

gid.jp は、設立1周年を迎えることになりました。こうして1年を迎えることができましたのは、一重に会員のみなさんの活動の成果および支援してくださったみなさまのおかげと感謝申し上げます。
当事者のみなさんの切実な声を集め、大きなウェーブに育てていきたい。当事者一人一人が自分にも何かできることがあると考えて行動しようという思いでこの会は発足いたしました。
そして、1年ですでに大きな成果を上げることができてきたと思います。これらの成果は、一重に会員のみなさんが声を上げ、活動した結果といってよいでしょう。フォーラムではこうしたこの1年の取り組みにつき、まずご報告させていただきます。
さて、戸籍の性別や公文書の性別欄削除では一定の成果を上げることができましたが、当事者の生活にとって、医療面や就労問題ではまだまだ大きな問題が残されています。これらは、当事者の生活に密着しており、切実な問題です。しかも、まだまだ諸外国に比べ立ち後れています。
そこで、日本精神神経学会理事長で、埼玉医科大学副学長であり、1996年に埼玉医科大で性別適合手術の申請が出されてから、ずっとこの問題に取り組んでいらっしゃった山内俊雄さんにおいでいただき、にこれまでの取組みの経緯と今後についてお話しいただきます。また、あわせて2004年度の活動について考えていきたいと思います。


日時1月31日 (土曜日)
14時00分〜17時00分 (開場 13時30分)
場所南部労政会館 第5、第6会議室
JR山手線 大崎駅下車徒歩3分
東京都品川区大崎1-11-1
ゲートシティ大崎 ウェストタワー2F
Tel.03-3495-4915 (場所の問い合わせのみ可)
URL: http://www.hataraku.metro.tokyo.jp/sosiki/roseikaikan/
nanbu.html

定員160名(予約も受付ますが、当日参加でも構いません)
参加費1000円
内容 山内俊雄さんによる記念講演
質疑応答
gid.jpおよび評議会による活動報告
閉会後に、gid.jp新年会兼懇親会(参加費別途2千円
問合せ e-mailの場合   forum@gid.jp
FAXの場合    03-5715-2302

山内俊雄さん プロフィール

<略歴>
昭和12年1月19日生まれ
昭和43年 北海道大学大学院(医学研究科)終了、医学博士
昭和54年 北海道大学医学部 精神医学講座助教授
昭和61年 埼玉医科大学 精神医学講座教授
平成元年 埼玉医科大学 精神神経科センター所長 併任
平成10年 埼玉医科大学 副学長併任
<関連学会>
日本精神神経学会 理事長
<主な著書>
「性の境界」 (岩波書店、2000年)
「性同一性障害の基礎と臨床」 (新興医学出版)など多数

<性同一性障害との関わり>
埼玉医科大学倫理委員会委員長として、性転換症の手術療法の
倫理性を審議し、「埼医科大学倫理委員会答申」を発表。引き続
き、日本精神神経学会「性同一性障害に関する特別委員会」 委
員長として「性同一性障害に関する答申と提言(いわゆるガイドライン)」
をとりまとめた。

本フォーラムは一般公開です。
マスコミ関係者が来場する可能性もあります。
一般市民の方、性同一性障害当事者の方は、
各自プライバシー保護にご注意ください。
マスコミ関係者の方へ
 
◆ 会場で、マスコミ関係者専用受付を行ってください。
 ◆ 撮影は壇上のみに限定してくださるようお願いいたします。
 ◆ 参加者に対する取材は、原則お断りいたします。
 ◆ それ以外の取材につきましては、事前にお問い合わせください。
フォーラム終了後、同会場でgid.jp懇親会新年会が行われま
す。(参加費別途 2千円)
こちらにもぜひご参加ください。

Copyright (c) 2003 gid.jp. All Rights Reserved.