○厚生労働省令 第九十九号

性同一性障害者の性別の取扱いの特例に関する法律(平成15年法律第111号)第3条第2項に基づき、性同一性障害者の性別の取扱いの特例に関する法律 第3条第2項に規定する医師の診断書の記載事項について定める省令を次のように定める。

平成16年5月18日
厚生労働大臣 坂口 力

性同一性障害者の性別の取扱いの特例に関する法律 第3条第2項に規定する医師の診断書の記載事項を定める省令

性同一性障害者の性別の取扱いの特例に関する法律(平成15年法律第111号) 第3条第2項に規定する医師の診断書に記載すべき事項は、当該医師による診断を受けた者に係る次の各号に掲げる項目とし、当該医師は、これに記名押印又は署名しなければならない。

 1 住所、氏名及び生年月日
 2 生物学的な性別及びその判定の根拠
 3 家庭環境、生活歴及び現病歴
 4 生物学的な性別としての社会的な適合状況
 5 心理的には生物学的な性別とは別の性別(以下「他の性別」と
   いう。)であるとの持続的な確信を持ち、かつ、自己を身体的及び
   社会的に他の性別に適合させようとする意思を有すること並びに
   その判定の根拠
 6 医療機関における受診歴並びに治療の経過及び結果
 7 他の性別としての身体的及び社会的な適合状況
 8 診断書の作成年月日
 9 その他参考となる事項

   附 則

  この省令は、平成16年7月16日から施行する。




Copyright (c) 2004 gid.jp. All Rights Reserved.